シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 関門を設ける

<<   作成日時 : 2008/01/18 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またまた、まやさんのブログから「気付き」をいただきました。

≪インスリン非依存2型DM患者の自己管理ガイドライン≫です。
http://mayaetsally.blog32.fc2.com/blog-entry-42.html

フランスの指針なのですが、詳しくは上記の記事を、是非、読んでいただくとして、それによると、下記の3点をガイドラインとして設定しています。

1.起床時
2.昼食後(または夕食後)2時間
3.夕食前(17:00〜18:00)

これは、実に巧みな「関門」だと思いました。

それぞれに、指針となる数値があるのですが、残念ながら、私は何一つ達成していませんでした。
しかし、この「関門」を潜り抜ける事ができれば、確かに血糖アベレージを下げ、A1cを改善する事が可能だと、イメージできます。

上記のガイドラインでは、週2回の測定で十分だとしています。

私が、上記の指針を達成できていない事については、設けている「関門」が違うのだと思います。

そこで、私のここ半年のデータを整理してみる事にしました。

まず、1.起床時(平均値)とA1cの推移です。

8月⇒179/A1c 8.2
9月⇒142/A1c 7.9
10月⇒160/A1c 6.9
11月⇒161/A1c 6.8
12月⇒151/A1c 6.8
1月(18日現在)⇒151/A1c 6.5(1月11日検診時)

以上のようになっています。
今のところ、平均値151ですが、このところは130台が続いていますので、1ヶ月平均値は、150以下が可能だと思います。
ただ、この起床時血糖に関しては、私の「意志」が及びませんので、経過を見守るしかありません。

勿論、フランスのガイドラインである120以下という思いはありますが、私の目下の目標は、140未満となっています。

この起床時血糖の推移について、フランスの指針では、基礎分泌ではなく、抵抗性の変化と捉えているところが、大変興味深く思いました。

2.昼食後(または夕食後)2時間値については、私も重要なテーマとして捉えています。
目標として、160未満、許容範囲として180未満を目標としています。

ところが、私の「関門」は、主に夕食後2時間だったのです。
フランスのガイドラインでは、昼食後または夕食後2時間となっていますが、私にとっての「最大関門」が、実は夕食後2時間でした。

それだけに、3.夕食前については、それ程気にする事はなかったのです。
最近は、昼食後2時間値に注目し、色々と工夫を加え始めましたが…。

ちなみに、ここ半年の夕食前の平均データが下記です。

8月⇒197
9月⇒186
10月⇒184
11月⇒174
12月⇒163
1月(18日まで)⇒160

また、夕食後2時間の平均値が下記です。

8月⇒169
9月⇒140
10月⇒143
11月⇒145
12月⇒130
1月(18日まで)⇒150

夕食後2時間値、私の設けた「関門」は達成しています。
また、フランスの指針を昼食から夕食に変更するならば、150以下という基準に近い数値にはなっています。

ちなみに、主治医からは「180未満を80%の食事で達成」と指示を受けています。

どうしても、「自己管理」の目標は「医師の指示」を上回ってしまうようです…。

また、夕食後2時間値に重きを置くことも、主治医から言われています。

たとえ、夕食前値が200を越えていても、運動を加える事ができれば、目標値を達成できると考えていました。

それだけに、フランスで最も重視する、3.夕食前には無頓着だったのです。

ここで感じたのは、フランスの指針は、日中に重きを置いているという事です。

私の設定していた夕食後を重視するという「関門」は、日中の数時間をある程度犠牲にしても、就寝後の安定を図るものだったと思います。
おそらく、主治医も同じ考えです。

昼食後(昼間)のリスクは約5時間。
それに対して、夕食後2時間から就寝時間までの2〜3時間、就寝時間6〜7時間、合計8〜10時間の安定を図るという考え方です。

勿論、就寝前で200以上は論外です。
(たまにありますが…)

フランスでは、最も重要な「関門」を、夕食前に設定しています。
夕食前125以下であれば、以後、上がっても高が知れているという事かも知れませんね。

仮に、フランスの指針を生かし、夕食前に「関門」を設けるのならば、食事の方法につて、また違った考えができるかも知れないと思います。

例えば、私は朝食と夕食に主食を抜いているのですが、朝食で「ごはん」を食べる。
朝食後は、比較的運動の時間が取れますので、食後にジョキング。
2時間後予想数値は、150〜170。

そこで、昼食は主食抜き。
主食抜きでも、20〜30は上がりますが、180未満を視線に入れる。

夕食前に、ウォーキング。
ここで、どれ位落とせるか…。
目標は125以下ですが、現実的には140未満。

夕食は、また主食を抜く。
上がっても30くらい。
よって、夕食後2時間で170…。

その他、現在のカタチを維持しながら、やはり、昼食後2時間に工夫をこらす…。
リスキーな時間をできるだけ減らすと考えるならば、これも有効だと思います。

いくつかの、オプションができそうです。

オプションが広がれば、生活状況の変化への対応力も高まります。

考えてみたいと思います。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関門を設ける シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる