シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己管理とは、何かを止める(辞める)と決めること

<<   作成日時 : 2008/01/14 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日、娘を「新横浜」まで送ってきました。
娘は、メークの専門学校に通っているのですが、成人式出席の新成人のメークを担当するため、泊り込みの出張です。
今日が始めての(セミ)プロとしてのお仕事(実習を兼ねた)です。

少し早めに行き、デニーズに入りました。

いつも通り、「禁煙席を」と指定しましたが、あいにく、「喫煙席」しか空きが無いといいます。
仕方なく、「喫煙席」についたのですが…、どうにもこうにも、煙がきつくて食事どころではありません。

時間もたっぷりあったので、ゆっくりするつもりでしたから、少し待っても良いので「禁煙席に換えてください」と申し入れ、席を換わりました。

考えてみると、私も20数年前はヘビースモーカーだったのです。

ところが、今では、タバコの煙は大嫌いです(笑)。

そこで、思いつきがありました。

喫煙といえば「生活習慣」ですが、なにか、「生活習慣」を改善しようと思うとき、それは、何かを「始める」決断をするのではなく、実は何かを「止める(辞める)」決断をすることなのだと…。

ところが、「始める」事に比べると、「止める(辞める)」事は、はるかに難しいのです。

ここに、「自己管理」の落とし穴があるのだと思います。

≪止める(辞める)≫事については、私のもう一つのブログ「ソフトバレーsho」にも、詳しく書いていますので、宜しければお読み下さい。
≪辞める決断のむずかしさ≫
http://softvolley.at.webry.info/200701/article_10.html
≪三砂杯の結果と、『決断』についての雑感≫
http://softvolley.at.webry.info/200705/article_1.html

例えば、運動があまり好きでない人が、血糖値管理の目的で、「ウォーキングを始めよう」と思ったとします。

その事自体は新しいチャレンジです。
新鮮な驚きや喜びの期待に、胸が躍るでしょう。

しかし、その前に、今まで食後に、何とは無しにくつろいでいた「ゆるゆるタイム」と決別なければならないのです。
食後の時間の過ごし方を、「ゆるゆる」から「ウォーキング」にオフセットしなければならないのです。

この事の方が、難しい。

ここに、「自己管理」の落とし穴があると思います。

「自己管理」といえば、何かを始めるのではなく、何かを止める(辞める)決断をする事に他ならないのです。

この場合は、ウォーキングを実行しようという硬い決意以上に、ゆるゆるタイムを「止める」と決意しなければなりません。

「カーボン・オフセット」という言葉があります。
地球温暖化を、何とかしたい。
環境を保全できないか…という取り組みです。
私たちが輩出した二酸化炭素に見合った量の植林をしようという運動です。
(さしずめ私たちは、「カーボ・オフセット」が必要なんですね。摂取した「炭水化物」に見合った運動…)

私も、何枚かの「カーボンオフセット寄付つき」年賀はがきを購入しました。

しかし、このような環境保全運動にしても、「植林」をする以前に、私たちが何かを「止める(辞める)」決断をしなければならないのではないでしょうか。

また、植林による「人工林」には、どうしても人の手による「管理(間引きや選定)」が必要です。
苗を植えるだけでは、何もしていないのと同じ事なのです。
「管理」しなければ、日も差さず、下草も生えず、木も育たず、やがて森は朽ち果てていきます。

「自己管理」も、同じような事がいえると思います。

「植林」は、例えば毎月のA1cの結果。
その結果が、良かったからといって、「手」を加え「管理」していかなければ、たちまち「森」は朽ち果ててしまう。

「自己管理」だって同じです。

「植林」や、「何かを始める」という事がプラスのストロークだとすると、「間引きや枝の選定」や「何かを止める(辞める)」事は、マイナスストロークです。

プラスのものは、考えてみると誰にでも出来ること。
しかし、一見マイナスに見える「止める(辞める)」決断と実行こそが、難しいのですが、必要なのではないかと思います。

何か一つ、「止める(辞める)」決断をすれば、きっと、新しい何かが始まるに違いありません…。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさんって相変わらず前向きですねー。
あえて違うことをいうのは、このブログに「多様性」を持ち込みたいからで、決してけちをつけてるわけではありませんが、

 私に関しては、
 「いい生活習慣は実に簡単にやめられる」んです。
 俗に言う三日坊主ですね。
 「ゆるゆる」習慣はやめられないですが、ウォーキングとか、努力系、節制系は、体質に合わない?のかすぐやめてしまいます。
 血糖の自己管理を細々やってるのはやはり恐怖からです。
 「ゆるゆる」への慣性が働くのは、生命とは反対の隠れた志向(ずっと寝てたい、とか)が私にはあるからでしょう。依存体質もありますが、それはより軽い依存へ置き換えることで対処してます。ああ、私って・・
まや
2008/01/14 20:55
カーボンオフセットを推進するなら、紙の年賀状自身を止めてe便などを使う手もあります。
http://www.ebin.jp/

ただ、パソコンを付けておくことに因る電気使用でどれだけカーボンが使われてしまうかは定かではありませんが。

いずれにせよ、なにかをやることに因る+要素は見えやすいですが、それによって失われる−要素は見えづらいですから、なかなかそのあたりの判断は難しいでしょう。「ゆるゆる時間が減る」という−要因が最初からちゃんと見えていれば、その段階で解決方法は各人にとって自ずから明らかになりますけれどね。

私にとっては、健常時(決して健常ではなく発症していなかっただけですが)にはウォーキング<ゆるゆるでしたが、発症してからはウォーキング>ゆるゆるになりました。これは発症している状態が不快で、ゆるゆるしていることのメリットを上回るデメリットを感じられるようになったから、です。そういった意味ではまやさんの「恐怖から」「血糖の自己管理を」「やっている」のと同じですね。
B.O.C.
2008/01/14 21:16
まやさん、おはようございます。

私、前向き?
というよりも、「前のめり」…。
最近始めてしまった?!昼食後のジョキングも、やめれなくなっている。折角、「ゆるゆる」過ごしていたのに…。
意外に「回帰性」が強いみたいです。

これって、良いのか悪いのか、微妙ですね。
sho
2008/01/15 08:26
B.O.C.さん、おはようございます。

≪なにかをやることに因る+要素は見えやすいですが、それによって失われる−要素は見えづらいです≫…そうなんですよね。
最近流行りの「エタノール」にしても、作物(トウモロコシ等)の栽培に要するエネルギーを考えたら、プラスマイナスが逆転しそうです。環境問題で自分が何をできるかと考えると、せいぜい、「お金を節約する」事くらいしか思いつきません。

生活習慣については、「慣れ」という「ホルモン」が、いずれ効いてきます。それがまた恐ろしくもありますが…。
sho
2008/01/15 08:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己管理とは、何かを止める(辞める)と決めること シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる