シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年、年頭の決意!

<<   作成日時 : 2008/01/03 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

新年、明けましておめでとうございます。

物ごとのスタートの時というのは、いつでも気分の良いものです。
とりわけ、新年ともなれば、なお更です。
去年までの事は兎も角、何か、リセットして新たな気分で取り組むことができます。

裏を返せば、そんな気分になれる、今がチャンスという事ですよね。

今年は、『自分自身をデザインする』。

肉体と精神、食事と運動、血糖値と健康…。

自分なりの戦略を持って、楽しみながら、「自己管理」に取り組んでいこうと思います。

ところで、昨年末、NPO構想を立ち上げましたが、三人の方から、エールと賛同をいただきました。

GAMIさんは、ボランティア活動をなさっています。
分野は違いますが、同じように、社会活動を目指すもの同士です。
熱いエールをいただきました。

enuさんは、クリニックにお勤めの方で、患者さんと接する機会が多く、ご理解とエールをいただきました。

さらに、まやさんからは、メールを頂戴しました。

まやさんは、フランス在住の主婦の方です。

また、このブログタイトルが「Rise Up!」だった時点で、まやさんのブログにも、取り上げていただきました。

まやとさりーのDM日記「啓蒙について」

是非、上記のブログを読んでいただきたいのですが、まやさんは、、私と同じ「世界糖尿デー」の11月14日に、そのブログをスタートされています。

ブログの誕生日が、一緒という事ですよね!

まやさんは、「啓蒙」の必要性は認めつつ、その限界について述べられています。

そして、私のブログが、「啓蒙」から「連帯」にシフトチェンジしたと指摘され、そのことで、何か響くものがあったのだと思います。

上記、「啓蒙について」では、今後のあるべき「連帯」や、「サポート体制」についても述べられており、それは、私の思い描くものと、極めて近いものです。

「セルフ・コントロール・ラリー」という発想も、実は、「パリ・ダカール・ラリー」に端を発することを思うと、まやさんの、パリからのメッセージに、何かの縁を感じにはおれません。

「啓蒙」と「連帯」というKEYワードから、もう一度、自分自身が何をやりたいのかを、考えてみました。

私にとって、昨年最大の「気づき」を与えてくれた著作


これ流にいうと、自分の「好き」の「核」は何なのか?という事です。

私は、決して、糖尿病の教師になりたいわけではありません。
その意味では、「啓蒙家」には、なりきれないと思います。

「自己管理」という果てしない旅の、オーガナイザーになろうと決心したのです。

今までは、自分自身をオーガナイズするだけでしたが、「自己管理」を必要とする多くの方に、なにかできることがあるとすれば、「自己管理という旅」をオーガナイズすることで、貢献できるのではないかと考えています。

私自身、「自己管理」という果てしない旅の旅人です。

「パリダカ」の創設者、ティエリー・サビーヌがそうであったように…。

そこから生まれてくるものは、「連帯」に違いありません。

ゼロに幾つを掛けても、答えはゼロです。

しかし、幸いな事に、ゼロからのスタートではなく、また、1からのスタートでもなく、3・4・5からスタートできそうです。

上記、「ウェブ時代をゆく」によれば、≪自分の指向性と波長の合う信号を見つけたら、自分という有限性にマッピングする。さらに、時間の使い方の優先順位を変えて、コミットして行動する。これだと思うロールモデルにのめりこんでみる。行動することによって、新しい情報が生まれ、新しい人々と結びつき、また新しいロールモデルを発見する事になる≫とあります。

その通りの、2008年になりますように!








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。本文にご紹介いただき、ありがとうございました。
「啓蒙から連帯へのシフトチェンジ」…心に響く言葉です。手帳にメモさせていただきました。テーマは違いますが、私も理解を広げる活動を続けていきたいと思っています。まだまだこれからですし、考えもまとまっていないのですが、次のような流れをイメージしています。「関心をもってもらい」「共感を獲得して」「参加を通じて」「共に生きる社会へ」。まだ絵に描いた餅ですが。でも、これには限界があって、それを「連帯」というキーワードで、破れるような気がしてきました。
「啓蒙家ではなくオーガナイザーを目指す」…これもヒントになります。なんとなく、目指す世界がすこし見えてきたような気がします。「ウェブ時代をゆく」も読んでみます。「ウェブ進化論」の人ですよね。
ひとりで納得したコメントですみません。おかげさまで2008年は、いいスタートがきれそうです。(ところで、記事のタイトルは「年頭」かと…)
GAMI
2008/01/04 18:21
GAMIさん、いやいや、新年早々やってしまいました!早速、訂正しました。念頭⇒年頭!
きっと、頭の中を吐き出したので、「念頭」になったんでしょうね?!

私こそ、GAMIさんの「生き方」を、大いに参考にさせていただいていますよ。ものすごい存在感です!オンリーワンを感じます。
今年は、2月に柏でお会いできそうですし…、お互いに「気づき」がありそうに思います。

私たちは、何か忘れ物をしているんですよね。人は、一人では生きられない。家族や社会があるから人間なんです。それなのに、その家族や社会というものの存在が見えてきません。
個人の欲得は兎も角として、、みんなが楽しく暮らしていける社会こそ、「美しい国」(どこかで聞いたような気がします?!)だと思います。
たとえ、病気や障害を持っていたとしても、皆同じように生きていく権利があります。

語ってしまいましたが…、今、「自分」ができる事、こうと思う事を…精一杯やる。
それが、もしかしたら大きなお世話かも知れませんが、やってみなければ分かりません。
お互いに、頑張りましょう!
sho
2008/01/04 19:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年、年頭の決意! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる