シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 家事労働と血糖値

<<   作成日時 : 2007/12/19 09:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

私は、朝食と夕食に主食を抜く「糖質制限食」を摂っています。
今朝も、いつもの朝食でした。

ブルーベリー入り無糖ヨーグルト、キャベツとトマトのサラダ、今日はポークソーセージではなく、ほうれん草と卵の炒め物、味噌汁(えのきと凍り豆腐)、プロテイン、シナモンコーヒーです。

食前(空腹時)血糖133mg

今日は、色々とやることがあり、ウォーキングできませんでした。

女房は、7時には仕事に出掛けてしまいます。
本日は、資源ごみの日なので、ダンボールを片付け、雑誌を束ね、ごみ出し作業、いわゆる「家事労働」です。

ついでに納戸を開き、アルバムを出したり、その辺のモップがけをしたり…。

時間にすれば、30分弱です。

いつもは、これらの「家事労働」を、パート出勤前に女房がやっています。

女性の仕事って、すき間時間を使って上手にやらないとできないし、朝の出勤前に「家事」をやるのは、大変な事だと思いました。

私は、自営業。
時間は自由になりますから、「家事」でも、チカラ仕事は主に引き受けているのですが、それにしても、あらためて感心しました。

通常、朝食後、ウォーキング無しの場合、30mg程度血糖上昇があります。

11/17 165⇒182
11/24 167⇒175
11/30 166⇒192
12/1 149⇒172
12/6 119⇒141
12/16 149⇒162
12/18 123⇒152

いずれも、若干の上昇がありますが、ほぼ180以下となりますので、許容範囲です。

主食は摂っていませんが、ヨーグルトの乳糖、味噌汁の糖質、ドレッシングの糖質、ブルーベリーの糖質、その他、野菜の糖質と、炭水化物がゼロではありません。

30分弱の「家事労働」の後、食後2時間血糖測定…。

135!でした。

ほとんど、上がっていません!

恐るべし「家事労働」!

食後、たとえウォーキングできなくても、チョッとカラダを動かすだけでも違うという事です。

新たな発見でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
豆腐を作る〜市販の豆乳で豆腐を作ろう
★豆腐を作るときには豆乳の濃度をチエック!  豆腐を手軽に作るには、市販の豆乳を利用して電子レンジなどで豆腐を作ることができます。(作り方は次号より紹介します)。 ...続きを見る
日常生活・役立情報,家事労働と血糖値
2007/12/19 19:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
私は2型糖尿病でゆるゆる炭水化物制限食をしています。
朝の家事は大変ですよね。
でもちょこちょこ動くのもありなんですね。
これからも寄らせていただきます。
よろしくお願いします。
小菊
2007/12/19 11:14
小菊さん、初めまして。
コメントありがとうございます!

長い間、糖尿病と共に暮らしてきましたが、やはり「糖質制限食」の効果は大きいと思います。昼食は「ごはん」を130〜140g食べているのですが、その場合、ウォーキングを1時間やっても、2時間後血糖を200以下に下げる事はできません。
それでも、一日一回は「ごはん」が食べたいので、そうしていますが…。

女性の「家事労働」は、大変ですよね。

私も、もう少し、手伝わないと…いけません!

小菊さん、また、お気軽にお立ち寄り下さい。
sho
2007/12/19 12:56
こんばんは。shoさん。
わー。驚きの結果ですね。家事労働が血糖値の上昇を抑えるだなんて!!!
なかなか寒い時期に外でウォーキングなんてという患者様が多いのですが、それをしなくてもきちんとした食事療法が実践されていれば、家事でも血糖値の上昇を抑えることが出来るのですね!!!
普段の生活ももちろん大事なことだとは思いますが。
今日、3ヶ月間治療を中断していた患者様が感染症にかかられて来院されました。
食後2時間血糖ですが300を越えていて、熱もあったけれど、倦怠感を訴えられていました。
もちろん風邪などのウイルスも流行している今ではありますが、糖尿病治療を中断してしまうとこのような恐ろしさもあるのだということを感じさせられました・・・・。
寒い時期ですが、これからも頑張ってくださいね。
enu
2007/12/19 19:33
enuさん、おはようございます。

そーなんです!驚きの結果でした。

私も寒いのが苦手で、正直、ウォーキングも億劫な時があります。カラダを動かせば、血糖値は下がるんだという意識を持っていれば、工夫次第で寒い冬を乗り切れるかも知れません…。

ところで、何故、治療を中断してしまうようなことになってしうのでしょうか?実際に、そういう方が、多数いらっしゃるようです。どのような心理の動きなのか…、気になります。
糖尿病の完治はありえないのですから、たとえコントロールされていても、合併症のリスクはゼロではありません。
やはり、定期的なチェックは必要だと思います。

enuさんも、患者さんから「インフルエンザ」や「風邪」のプレゼント貰わないように、お仕事頑張って下さいね(笑)。
sho
2007/12/20 09:22
こんにちわ。akiです。

いつも、糖尿と関係ない僕が
コメントしていいか迷うんですが、
せっかくなんで・・・

家事は、思ったより重労働で、
時間をうまく使えないと
できないですからね。

家も、共働きなので
良く手伝います!
ヘルニア戦士 aki
2007/12/20 12:36
akiさん、どんどんコメントしてください(笑)!

自己管理って、ともすると「自己中」のスパイラルに入ってしまうんですね。
その意味でも、糖尿でない方から、ご意見頂戴したいと思います!

ところで、akiさん。
≪共働きなので良く手伝います!≫
さすがですね。

私は、そういう方を尊敬します。
sho
2007/12/20 13:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
家事労働と血糖値 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる