シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己血糖測定器、コストと手間

<<   作成日時 : 2007/11/21 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

私は、4ヶ月前より「自己血糖測定」を行っています。
医師の薦めがあったからです。

使用している機器は、「二プロフリースタイル フラシュ」です。

いろいろな測定器がありますが、これは、たまたま医師から薦められたものです。

8月3日に、その病院で購入しました。
「本体」、「センサー」2個、「ランセット(針)」2個で、23,730円でした。

現在、消耗品である「センサー」と「ランセット」は、近くの薬局で取り寄せしてもらっています。

価格は、「センサー」が2,740円、「ランセット」が387円です。
「センサー」「ランセット」ともに、25枚入りとなっています。

インターネットの通販などでは、「センサー」が3,500円程度で販売されているようですが、これは、送料を含むからなのでしょうか…。

やはり、近所の薬局に取り寄せてもらった方が、安いようです。

逆算すると、本体は17,476円になります。
領収証に、単価の記載がありませんので、現在の薬局購入の消耗品価格を差し引いた価格です。

薬局で購入すれば、もう少し、安かったかも知れません…。

消耗品の、1回測定あたりのコストは、125円になります。

1日、最低3〜4回、多い時には(あるいは、測定当初は)6〜7回測ってしまいますので、結構なコストになります。

月に、1万5千円強になっています。

このコストを、どう考えるか…だと思います。

私は、世に言う「勝ち組」ではありませんから、この出費は、痛みを伴います。
しかし、他のものを節約しても、この「自己血糖測定」は、続けていきたいと考えています。

やはり、「効果」をリアルタイムの「数値」で確認できる事のメリットは、大きいと思います。

また、このようなデータを「記録」する事の大切さにも、気付きがありました。
それは、血糖値の管理ということだけではなかったのです。

「記録」する事の大切さや、「測定」のタイミング、回数などについての事は、それぞれ、後程、詳しく書こうと思います。

さて、測定の手間についてですが、これは、全く苦になりません!

病院等で、気軽に試せると良いんですけどね…。

この「センサー」と「ランセット」(特に、「センサー」が高い)ですが、私は、共同購入で、ロットをまとめることで、単価を下げられないか…と考えています。

月に1回程度、計画的に購入すれば良いわけですから、この方法が可能であれば、検討に値すると思います。

その為にも、「糖尿人」のネットワークは必要だと考えています。

皆さんのコメントやリンク、お待ちしています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自己血糖測定器のコストを軽くチェック
 現在、私は2週に1度、通院のたびに空腹時血糖を計ってもらって薬をもらっています。この状態で空腹時血糖値が110前後なので、ひとまず順調というのが主治医の考えのようです。ですが、食後1時間後辺りで血糖値がかなり上がっている感もありますし、そこから散歩をすると... ...続きを見る
闘わない糖病生活
2007/12/06 05:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、おはようございます。血糖値自己測定についての詳しいお話、ありがとうございました。

1回あたり125円というのを見た時には、これくらいならそんなに高くないのでは、と思いましたが、確かにおっしゃる通り、朝の空腹時血糖値と3食後の食後血糖値をはかると、それだけで4回500円になりますね。それだけで500×30=1万5千円ですか。なるほど高くつきます。

やはり二の足を踏んでしまいますね。
B.O.C.
2007/11/22 06:36
B.O.C.さん、おはようございます。
インシュリン治療を行っている場合は、1日3回分まで、保険適応されると聞いています(確認はしていませんが…)。だからといって、保険財政が厳しい中、それ以外の糖尿病患者に適応範囲を広げろといっても、これは無理なんでしょうね…。
しかし、確実に「糖尿人」は増えています。そこには、「市場(競争)の原理」もあるわけですから、これからは、このような「測定コスト」も、下がってくることが期待できるのではないかと思っています。

…そう願いたいですね…!
sho
2007/11/22 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己血糖測定器、コストと手間 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる