シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS いつもの朝食

<<   作成日時 : 2007/11/30 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

朝食は、ほぼ決まったパターンで摂っています。

画像


○ブルベリー入り、プレーンヨーグルト(シュガーカットを微量入れて、少し甘みを追加しています)
○サラダ(レタス・ブロッコリースプラウト・ミニトマト・干し小エビ)=サラダの内容は変わりますが、定番です。
○プロテイン

ここまでは、お決まりメニューです。

○味噌汁(カブ・揚げ)
○ポークソーセージ

汁物は、必ず取ります。
前日の残り物です。

以前は魚肉ソーセージが中心でしたが、ポークソーセージの方が炭水化物が少ないので、今では、ポークです。
ソーセージが無い場合や、前日の残りのおかずがあれば、それを食べます。

食後は、シナモン入りコーヒー(ミルク・シュガーカット)で締めます。

プロテインの炭水化物含有量は、1食分あたり1.9g。
ポークソーセージが、100gあたり7.7gですから、ほとんど問題なしです。

お気に入りの「シザーサラダドレッシング」にも、炭水化物(糖質)が含まれますが、それ程問題はないと考えています。

また、ブルーベリーにも、炭水化物(糖質)は、含まれています。

本日、食前(空腹時)血糖値、166mg/dl
食後2時間血糖値、192mg/dlです。

ウォーキングは、行っていません。

血糖値上昇は、26mg/dlですから、計算値で8.6gの炭水化物を摂取したことになります。
勿論、これは単なる計算値で、自己インシュリン効果を全く計算していません。

計測後、ウォーキング。
3,267歩、2.28km、25分です。

その後、シャワーを浴びた後、測定。
160mg/dlです。

いつもは、2時間後の測定に、タイミングを合わせてウォーキングします。

今日の空腹時血糖値に近い日のデータが、下記です。

11月20日 空腹時162⇒2時間後(ウォーキング30分)133
11月21日 空腹時162⇒2時間後(ウォーキング30分)159
11月22日 空腹時167⇒2時間後(ウォーキング30分)136
11月27日 空腹時162⇒2時間後(ウォーキング30分)139
11月28日 空腹時160⇒2時間後(ウォーキング30分)146

一方、食後ウォーキングできなかった日のデータが下記です。

11月17日 空腹時165⇒2時間後182
11月24日 空腹時167⇒2時間後175
本日    空腹時166⇒2時間後192⇒25分ウォーキング後160

朝食の場合、いずれも、食事の内容は、ほとんど同じです。

この食事内容であれば、たとえウォーキングできなかったとしても、食後2時間の血糖値を、200以下に抑える事が出来ると思います。

また、ウォーキングをプラスする事で、なお確実に血糖値を落とすことができます。

ちなみに、以前は、この食事内容にプラスして、食パン(8枚切り)を1枚食べていました。

その時のデータが下記です(空腹時160前後の場合)

8月6日 空腹時157⇒2時間後(ウォーキング30分)227
8月11日 空腹時175⇒2時間後(ウォーキング30分)289
8月16日 空腹時158⇒2時間後(ウォーキング30分)295
8月31日 空腹時164⇒2時間後(ウォーキング30分)266

たった、食パン1枚で、これだけの差です。

「糖質制限食」と「ウォーキング」。

この組合せで、何とか、コントロールしていけそうです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
家事労働と血糖値
私は、朝食と夕食に主食を抜く「糖質制限食」を摂っています。 今朝も、いつもの朝食でした。 ...続きを見る
Rise up!
2007/12/19 09:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お味噌汁の湯気がいい感じですね!
血糖値のデータより【湯気】の方が気になってしまいました。(^^ゞ
これから段々寒くなりますのでウェアーやシューズのチョイスも大変ですね、体調を崩さぬようにがんばってください。
メタボな痛風
2007/12/03 18:29
メタボな痛風さん、こんばんは。
湯気ですか…、そういえば…。
気が付きませんでした。

それにしても、寒いのは苦手です。。。

早く、暖かくならないかなって!?
sho
2007/12/03 21:36
はじめまして。akiです。
僕のブログに遊びに来て頂き
ありがとうございます。

僕は、マッサージ師なんですが、
病院が近くにあって、この前
糖尿病の患者さんが、
病院抜け出して、マッサージ
受けにこられてました。

食べたいものも食べれない
食べれても、味がしない
ヘルニアと同じで、同じ
境遇にならないと、本当の
気持ちは分からないですね。

ヘルニア戦士 aki
2007/12/04 13:09
akiさん、こちらこそトラックバックしていただき、ありがとうございました。
ヘルニアも辛いですよね。本当に、やった人でないと分からない事だと思います。わたしの「頚椎椎間板ヘルニア」も、10ヶ月たった今でも、指のシビレがとれません。
糖尿病の食事指導では、「あなたは1,600kcal」と、簡単に言われるのですが、「自分でやったことあるのか!?」と言いたくなってしまいます。
何の病気であれ、最終的には、「自己管理」が伴わなければならないのだと思いますが、同じ境遇のもの同士、情報交換しながら、頑張っていきましょう。
sho
2007/12/04 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつもの朝食 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる